今年のプロ野球セリーグの開幕後10日の順位

最近開幕ダッシュと行っても強いチームが勝ってほぼ上位が決まってしまう、ということが多かったのですが今年はちょっと違いますね。 この順位もオールスター前、最終成績と違うとは思いますが、開幕ダッシュをしたチームは、その年成果がでなくてもそのうち安定した結果を残したりしますから、今後の参考に貴重な情報と言えるでしょう。 さて、1位を走っている広島。10数年前までは豊富な投手陣と山本浩司、衣笠祥雄等の日本を代表するバッターなどがいてAクラスの常連だった時期もあります。そんな時代には、鯉のぼりと言われるくらい開幕ダッシュをしていたチームなのです。去年リーグを代表する選手となった前田投手がいることで、投手陣が引っ張られいい相乗効果にもなっているのでしょう。打線にまだ不安定差を残しているので最終結果は不安もありますが、今年は少し違うようにも思います。注目です。 そんな中、2位タイに東日本大震災の影響が少なからずあった東京の2チームが来ているところも何かを感じます。開幕前の会長のごたごたは、いただけませんががんばって欲しいものです。

2010年@cosmeベストコスメ大賞 2010年総合

@cosmeに寄せられた口コミによるベストコスメ大賞のベスト3です。最近は、とにかく化粧をすればいいということではなく、しっかりとした方向性が見られると思います。キュートな女性らしさを失わずに発展していくという向上心を持ちながらの自分を持っているという「ガーリー」という言葉とナチュラルスタイルに集約されているようです。 1位となった、「ジルスチュアート/ミックスブラッシュ コンパクト」は、パッケージもかわいくて4種のパウダーチークと専用のブラシのセットとなっています。4種の組み合わせ自体も色々ありますし、その4種類の色を自由に組み合わせる事で自分だけのオリジナルの色合いを作り出す事ができます。 今の10代、20代のファンションリーダーとして指示されているのが、宮崎あおいさん、佐々木希さんというように、ナチュラルなかわいさを持ちながらオリジナルの自分をしっかり持っている人ですからコスメに関しても、そのファッションリーダーに自分なりに近づいていくためのアイテムとなるものが指示されているようです。

2010年ビール系飲料シェア

昨年のビール系飲料のシェアのランキングです。アサヒビールが2年ぶりに首位に返り咲きをしました。アサヒビールと言えば、ドライブームをきっかけにシェアNo1を奪い、しばらく首位をキープし、ここ数年はキリンビールとの大接戦を繰り広げていました。しかもビール類ということで、ここにはビール、発泡酒、第3のビールの合計となりますが、ビールに関しては依然としてアサヒビールは抜けたシェアを誇っています。 不景気による節約志向がビール離れ、第3のビールの購入者増加という現状で発泡酒、第3のビールのシェアNo1のキリンに総合で破れたという形になります。 この結果を見て、まだビールが1番ならいいじゃないか?とも思いますが、ビール類のシェアがビール49.1発泡酒21.8第三29.1となっていて、今後第三は増える一方と予想されるため、全体ではうかうかしてられない、というのが本音なのでしょう。 そんな上位2社とは、離れているのですが少しずつ伸びているのが、サントリーなのです。CMの好印象などもあり「金麦」の大ヒットもあり、過去最高のシェアとなったそうです。一時、キリンとサントリーの経営統合の話がありましたが、色んな面でビール業界を占う意味で今後のサントリーから目が離せなくなりました。

このサイトはクーポン情報を中心にランキング形式で様々な事を紹介しています。